スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

デミオで交通事故で通院

自動車保険では、交通事故によるケガの治療としての通院であれば、対人賠償保険により被害者へ、契約内容の範囲で保険金が支払われますから問題になることは余りありません。
考えないといけないのは、搭乗者傷害保険や自損事故保険です。この場合には、通常の生活または業務に従事することができる程度に治った日までの治療日数が補償の対象になるので、必ずしも完治するまでに要した実通院日数が対象になっているわけではありません。
そうすると搭乗者傷害保険よりも有利な保険ということになると、保険料が高くなりますが、色々とメリットがあるのが人身傷害補償保険です。
まず、交通事故の被害者になったとして、対人賠償は示談が成立してからでなければ賠償金を受け取ることはできません。
でも、人身傷害補償保険では示談の成立に関係なく保険金を受け取れることができます。
それに加えて、自分の過失分がある場合でも、実際にかかった入院・通院費等の治療費や休業補償、それに慰謝料などが補償されます。
さらに自分の自動車、いわゆる契約車以外に乗っている場合や歩行中又は自転車に乗っている時に死傷した場合でも契約者本人とその家族なら補償してもらえます。
また、契約車の場合ならドライバーを含む搭乗者全員に対して補償があります。それから、いわゆる自損事故で自分が怪我しても保険金が支払われるのも大きなメリットです。
さて、通院するとなると、病院等への支払い以外にも経費がかかるので、それらについても賠償の対象になることも知っておきましょう。
まず、交通費。これは社会通念上必要で妥当な実費とされています。したがって、ハイヤーやタクシーについては、相当な理由が認められないと支払われないようです。
電車、バスなどの運賃が基本とされています。賠償金の請求にあたっては、タクシーやハイヤーなどの費用については必ず領収書をもらっておくことが必要です。
その他の公共交通機関の場合には、通院の都度、実際に要した金額をその都度ノートに書き留めておくようにして下さい。
それから自家用車を利用した場合は、ガソリン代、高速道路代、駐車場代など実費相当分が賠償の対象になりますから、これも領収書を忘れずにとっておくようにして下さい。
請求できます。また、通院した時の付添費についても補償があります。医師の指示がある場合や1人で通院することが困難な事情がある場合には、1日あたり3000円から4000円の通院付添費の賠償が認められているそうです。




スポンサーサイト